和松会法人概要

社会福祉法人「和松会」は福祉事業を通じ、 誰もが住みやすい町づくりに取り組んでいます。

人は誰もが住みなれた町で、最後まで生活したいと願っています。しかし現実はなかなか厳しい。家族の扶養能力の低下、在宅で生活するお年寄りの一層の重度化、それに伴う在宅医療サービスの未成熟等々。 高齢者も、子どもも、障がい者も、健常者も、誰もが住みやすいまちづくりは、始まったばかり…。
社会福祉法人「和松会」は、福祉行政が本格的にスタートした昭和48年に、旧小笠町に誕生しました。 私達は、高齢化の進展や、福祉に対する意識の高まりと共に、身よりのないお年寄り、心身に障がいのあるお年寄りや重度障がい者のための入所施設、さらに在宅福祉のためのデイサービスセンターなど、時代のニーズに即応した施設やサービスを展開してきました。
そしてこれからもこの地域の、新しい未来を築く福祉コミュニティの中心的拠点の一つとして、新たな福祉活動を積極的に進めています。

和松会の設立

 社会福祉法人和松会は1972年故和田まつ様からその家屋と土地の提供を受け、1973年設立されました。このことを忘れないよう、和田まつ様の「和」と「まつ(松)」を法人名とし、各施設名にはすべて「松(まつ)」の一字を入れています。
 寄贈された家屋は一部改修し「いきいきホーム松風苑」として、現在も多くの方々に、利用されています。

和松会

<和松会の主な沿革>
1973年 社会福祉法人「和松会」設立
1974年 軽費老人ホーム「和松園」開設
1979年 特別養護老人ホーム「松寿園」開設
1983年 身体障害者療護施設「清松園」開設
1991年 和松会デイサービスセンター開設
1998年 和松会E型デイサービスセンター開設
2006年 特別養護老人ホーム「松秀園」開設
2014年 生活介護事業所「ぴのほーぷ」開設

長寿安楽地蔵尊の建立

 今日本人の平均寿命は、男女共に世界一を記録し続けております。
そして益々進む高齢化社会の中にあっても、「人間としての尊厳が守られ、生きがいのある人生を全うしたい!」の思いは、すべての人々の共通の願いではないでしょうか。
 和松会では「いのちに関する問題」に対しての一つの取り組みとして、その実をあげるため平成5年1月より、毎月定例の法話を聴く会などのビハーラ活動(ビハーラとは仏教用語で「心のやすらぎのある場所」という意味です)を実践しております。
平成5年の和松会設立20周年にあたり、これまでの歩みに思いをはせて、ビハーラ活動のシンボルとして、和松園南庭に長寿安楽地蔵尊を建立いたしました。
 和松会はこれからも、施設に住まいする人々が、多くの地域の皆様と共に、安らぎのある生活をおくられるようお祈りしてまいります。

長寿安楽地蔵尊

法人概要

法人名
社会福祉法人 和松会
法人名カナ
シャカイフクシホウジン ワショウカイ
法人所在地
〒437-1513
静岡県菊川市棚草1258
代表者名
有海司郎
法人設置年月
西暦 1973年 06月
電話番号
0537-73-2662
広報誌
評議員会の設置
中長期計画/資金使途計画
計画無し
実施事業
高齢・障害

・社会福祉法人和松会定款

定款
PDFを見る

・役員報酬基準

規定
PDFで見る

・和松会「事業報告」

2013年度
PDFを見る
2014年度
PDFで見る
2015年度
PDFで見る
2016年度
PDFで見る

・和松会「現況報告書」

2014年度
PDFを見る
2015年度
PDFで見る
2016年度
PDFで見る
2017年度
PDFで見る

・和松会「財務諸表」

2013年度
PDFを見る
2014年度
PDFで見る
2015年度
PDFで見る
2016年度
PDFで見る

※和松会の事業につきましては、全国経営協にも情報公開しています

職員数
本年度4月1日現在/182 人
うち正規職員/95 人
非正規職員/87 人
ページTOPへ